小さなメディアの大きな発信Okinavi
コラム

【白血病闘病記6】寛解導入療法2周目が開始!暇つぶし3選を紹介

運営者の宮平です。

9月11日に現在の病院に入院してからもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

白血病の治療もこの記事を書いている時点で第3週目が終了しました。

【白血病闘病記5】筋肉注射による治療開始!1日のスケジュールとは?運営者の宮平です。 本日10月3日、抗がん剤治療2週目が終了しました。 とりあえず、治療の1周はまわった感じでしょう...

 

前回の記事では、抗がん剤治療の第1周が終了したとお伝えしました。

週明け月曜日には、その抗がん剤治療の効果を見るため骨髄検査を行いました。

骨髄検査・・・骨の中にある骨髄・血液細胞(白血球、赤血球、血小板)を採取して検査します

聞くところによると、

この骨髄検査は白血病治療初期の段階では2週間に1回、後半は1ヶ月に1回のペースで行われるそうです。

引用:https://www.takeda.co.jp/patients/myeloma/sec02.html

 

骨に向かって、ワインオープナーみたいな針を刺すため、局所麻酔を使って行われるのですが、

  • 自分の見えないところで何かが行われている恐怖
  • 骨の中にまで針が刺さるという感覚
  • あと麻酔が単純に痛い

僕は何回やっても慣れないですね・・

 

っで、肝心の途中経過ですが

  • 抗がん剤治療の効果は効いてる(効かない人もいるらしい)
  • 悪い血液細胞は顕微鏡で見るレベルではかなり減少(ミクロレベルではまだある)
  • 良質な細胞も同時に破壊しているためまだまだ免疫力が低い

とりあえず治療は順調に進んでいるとのこと。

油断せず、引き続き頑張っていきたいと思います。

 

前置きが長くなりましたが、

今回は入院生活における僕の暇つぶしを紹介したいと思います。

入院生活における暇つぶし3選

「入院生活は暇?」

「暇な時何しているの?」

なんてよく友達から聞かれるのですが、

ここ最近の生活も含めて、「暇だなぁ」って思うことがほとんどなくなりました。

 

それは入院生活でも変わらず、どんな時間でも何かしらのことをやっていることは多いです。

その中でも入院生活の中で、どのように時間を過ごしているのかを紹介したいと思います。

 

1. 将来のことを考えたり動いている

僕の入院生活のほとんどはこれにほとんど時間を費やしていると思います。

 

例えば、

今は休職という形で会社に行っていないので、給料がもらえていない状況なのですが

  • 給付金をもらえる制度はないか
  • 医療費を抑える保険制度の見直し
  • 入院中どのように収入源を確保するのか
  • 退院後は復職するのか
  • もし復職しないのであればどこで仕事をするか

などなど、お金関係のことを考えては、何か行動するようにしています。

(というよりせざるを得ません)

 

良くも悪くもこの入院生活の数ヶ月間の長い時間というのは、

これまでの日常を一旦リセットして、次のステージに進むための準備期間だと思っています。

(スーツ着て〜満員電車に揺られて〜会社に行く〜みたいな日常のことです)

 

自分が今持っている夢実現のために、この期間を大切にして頑張ってみようと思います。

 

このオキナビも僕が持っている夢の一つの形であります。

どんな想いでこのサイトを立ち上げたのか、詳細は下記の記事からご覧ください。

オキナビ運営者プロフィールとサイトを立ち上げ経緯世界に誇れる沖縄をこのサイトを通して発信していきたい そんな想いで立ち上げたこのオキナビ どうもこんにちは! ...

本を読んでいる

この画像は僕が実際に読んだ本の1冊です。

もともと、本を読む習慣があったということと友達から既に10冊近くの本をプレゼントとしていただいたのでそれを読んでいます。

 

画像の本は僕が一番最初に読み終えた本で、

自分自身が今こうして白血病と闘って、毎日の抗がん剤治療と向き合う中、

どういった副作用があり、日頃の生活の中で何を意識して過ごさなければならないのかを

常識として、知識として頭に入れておかないといけないなぁと思ったので読みました。

 

 

自分で買ったのではなく、高校同じ部活の同級生がプレゼントとして送ってくれたので

もしその同級生が送ってくれなかったら出会うことも手に取ることも難しかった1冊です。

3.リハビリをしている

入院してからの2週間、僕がほとんどベッドから動けず寝たきりの状態でした。

そういった生活を繰り返していると、

筋肉の低下が著しいですよね。

 

病棟内廊下(約150m)を歩くのも、足がつりそうになったり、ふらついて倒れそうになったりします。

 

入院生活1ヶ月を過ごして、僕は体重8キロも落としました。。。

その原因の99%が筋肉の低下です。

 

人間は1週間寝たきり状態になると15%の筋力が低下し、3~5週間で50%もの筋力が落ちるといわれています。

引用:https://kaigo.homes.co.jp/manual/healthcare/sick/haiyoshokogun/

なので、一時退院する際にも普通の生活に戻るためにはリハビリをしないといけないというのが現状です。

 

実際のリハビリ内容は、足の筋肉を戻すトレーニングが中心です。

他にも2リットルのペットボトルをダンベル代わりにして、

腕の筋肉をなるべく落とさないように筋トレしています。

 

ただ、抗がん剤治療を受けた当日や副作用の時はどうしてもできないので、

筋肉量をなるべく落とさないというのがやっとです。

維持は本当に難しいです。

 

退院したらこれまで以上に筋トレします。

まとめ

暇つぶしというより時間の過ごし方を紹介する記事になってしまいました。

テレビも見ない生活ではあるのですが、アマプラ・Netflix、YouTubeなどの娯楽は

ご飯を食べながらだったり、歯を磨きながらだったりと

何かをしながら過ごすみたいなことが多いです。

 

「入院生活のここが気になる」

 

なんて疑問点があれば、お気軽にご連絡ください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

追伸:インスタグラム始めました

友人の協力もあり、この度インスタグラムを開設することになりました。

インスタプロフィールはこちら

運営の大半は現時点で友人の力をお借りすることになりますが、

沖縄の情報をこのサイトからもインスタからも発信していきますので

ぜひフォローをよろしくお願い致します。